行商!〜 悩んだあげく結局ありきたりなタイトルになってしまったゲームの場合 〜
主人公レーニャ


レーニャ
主人公

行商! ゲームの特徴

基本は交易品売買

交易品は全部で80種類以上。 各町や村には交易品を取り扱うカウンターが設置されています。 同じ交易品でも売買する場所によって相場が異なるので、安いところで買い、相場の高いところで売ることにより所持金を増やしていくことが出来ます。
交易品は在庫が少なくなると高くなり、在庫が増えると安くなります。

在庫量意外にも地域ごとの相場も設定されています。 砂漠では水の価格が高く、港町では魚介類が安く買えるなど、地域ごとの特色が交易品にも現れます。
交易品には重量が設定されているので最初は持ち運べる量もほんの少しです。

ゲームを進めていくことで積載重量が増える装備品が入手できるため、少しずつ持ち運べる量も増えて一度の取引で得られるお金もどんどん増えていきます。


仲間になるキャラは30人以上

仲間になるキャラクタは商人仲間・傭兵あわせて30人以上です。

商人仲間は交易品取引の価格交渉を任せたり、自分のお店の店長に任命することが出来ます。
主人公を含めて商人は戦闘能力が皆無なので、戦闘で勝利するためには傭兵をパーティに入れておく必要があります。 傭兵は町中の酒場や宿屋に多く滞在しています。


自分のお店

ゲームを進めていくと自分のお店を開くことが出来ます。

お店の売上は町の規模や店長のスキルに左右され、繁盛すれば勝手にお金を稼いでくれるようになります。


仲間の商人を新しく作成

オリジナルの商人を作成することができます。
投資金額や育成所内にいるキャラとの会話選択肢によって、作成する商人のパラメータが変動します。

お気に入りのキャラクタ名で商人を作成し、一緒に行商へ出かけましょう。


本筋に関係ないサブイベント

そもそも本筋自体が無いようなものですが…、ゲームの進行に直接関係しないサブイベントもあります。
無視して進んでも良し、全部クリアを目指すも良しです。


探せば何か出てくるかも?

フィールド上などあちこちにアイテムが落ちています。
見つけるとちょっとお得な強化アイテムや、サブイベントで使用するアイテム、取り寄せ依頼品として必要となるアイテムなど結構な数が落ちていますので、怪しい場所を見つけたら調べてみてください。